王様になった気分で主導権を握る

手足を縛りつけて身動きを取れなくしてから性行為を行う!自分も大好きなプレイの1つです。更に目隠しをしてから相手の視覚を失うともっと興奮しますよ。

そして最後に、さるぐつわを付ければ完璧です。相手は抵抗することも出来ず、ただ貴方のプレイに答えるしかありません。自由を奪えば有無を言わさず、たくさんのことが出来ます。

手当たり次第に試したいグッツを使うのもいいですし、そのまま拷問なんてことも可能。相手も嫌がっているようで実は気も違っているから、かわいそうと思わずに思いっきり愛情を注いであげて下さい。

自由を奪い手足を固定するグッツは主に、SMグッツの部類に入ります。男性用と女性用があるので、固定されたい方のグッツを購入するようにしましょう。

縛られた方は、何をされてもいいと言うサインと同じなので、多少ハードルを越えた内容であっても、その行為が続く限り耐えなければなりません。

さるぐつわを装着してる際は、嫌がっているのか、善がり狂っているのか判断は難しいため、ソフトプレイの程度で楽しみたい場合には、さるぐつわの装着はしないようにしましょう。

また、縛られてから、いろいろな道具を使われる場合がある。その時は、気持ち良すぎて失神してしまうことも考えられるので、限界以上の刺激を味わっている場合は、無理かまだ大丈夫なのか、ちゃんと伝えましょうね。

自分の場合は、無理と言っても失神するまでは絶対に辞めません。縛ったからには、相手を頂点まで気持ちよくさせたいので、潮を吹こうがウンコをもらそうが、行かせ続けることに集中します。

限界までイかせた後に、足の縛りをほどいてあげて挿入します。激しく付いて上げて、また相手が行くまで付き続けます。そして、そのまま発射せずに次にさるぐつわを外します。

すると、いつもよりも低い声で喘ぐ声が聴けると思います。力のない声の喘ぎ声は、またいっそう興奮させてくれてムードは絶好調です。

まだ、手を自由にしては駄目ですよ。この段階で手を自由にすると、せっかくのムードが台無しになります。彼女は限界を超えているので、抵抗する恐れがあるから、貴方が満足するまでまたは、発射するまでは絶対に自由にしてはいけません。

お願いをされても駄目です。縛ったからには、思う存分プレイを楽しむようにしましょう。早くほどいてもらう為に、相手は何でも言うことを聞いてくれるから、王様になった気分でプレイをして下さい。

  • ---
  • 2chまとめのまとめ