願望が抑えきれず本物として認識

アダルトグッズと言っても、たくさんの捉え方が有ります。

自分的には、コスプレなどのムードを作る服装などもアダルトグッズと認識してます。

ここでは、服装でムードが高まるプレイについて、お話していきたいと思います。

性行為する相手が多数いなら問題ない事だけど、一般的な方々は、ほとんどが1人の相手しかいません。

その相手を何に変身させるか、その変身に使用するのがコスプレなんです。

アダルト用語では、イメージプレイと呼ばれます。

彼女とは思わず、看護婦や婦人警官など、その職業の女性に変身してもらうんです。

特に男性は、性欲に対する願望が多く、色々な女性と性行為を持ちたいと思っている。

しかし、その職業の人達と出会う縁も無ければ、行為をするチャンスだってありません。

だからコスプレに頼り、あたかもその職業の人達と行為をしているように、自己暗示をかけ楽しむんです。

想像力豊かな男性は、そのコスプレだけでも満足してテンションが上がります。

偽物だとわかっていても、願望が抑えきれず本物として認識するんです。

自分で言うのもなんだけど、本当にバカだと思います。

でも以外に、コスプレに付き合ってくれる女の子は多いような気がします。

ほとんどの人が、コスプレするようにお願いしたら、その願いに答えてくれる。

その訳はなぜなのでしょうか?

男性からしたら、その人の事を思って性行為に及んでいないにも拘らず、女の子もその事に気付いているにも関わらず、答えてくれる。

その謎は未だに不明です。

男性が喜んでくれてるならそれでいいと思っているのでしょうか?

それとも、楽しそうだからというノリなんでしょうか?

どちらにしても、女の子に対しても侮辱としか思えません。

しかし、結果としてはよかったと互いに満足する。

本当に不思議な事です。

まあ、互いによかったらそれでいいと思いますが、イメージプレイは本当に疑問だらけです。

ただ言えることが、コスプレをして性行為をすると、互いの本心が出る感じがします。

相手がナースなら、自分が患者役。プレイ内容にもよるけど、ほとんどの女性は大胆になる。

また、婦人警官なら自分は犯人役。

手錠を掛けられて、自由を奪われた状態でプレイをする。

その場合は、女性が痴女に変身して攻めてくる。

このように、男性からするとコスプレをする事により、あたかも別人とプレイを楽しむことが出来きると連想できる。

互いのマンネリ化を防ぐ為にも、イメージプレイを試してみてもいいんじゃないですかね。

  • ---
  • 学校裏サイトチェッカー